SoftMod

概要

モデリングの際などに使用する標準の Soft Mod を、リグで使用できるようにセットアップしま す。複雑な形状などのめり込み修正などに便利です。

専用のロケーター(sign)を使用します。

使い方

Soft Mod の起点となる位置にロケー ターを作成してください。

Soft Mod による変形を行うジオメトリ(複数可)を選択し、最後にマーカーとなるロケータを選択し実行してください。

作成された「<ロケーター名>Pivot」と「<ロケーター名>Ctl」がコントローラーになります。

<ロケーター名>Pivot」は、Soft Mod の起点を移動することができるコントローラです。必要に 応じて変形したい箇所へ移動してください。

<ロケーター名>Ctl」を動かすと、Soft Mod による 変形が行われます。

アトリビュート

<ロケーター名>Ctl」に以下のアトリビュートが追加されます。

Envelope SoftModのEnvelopeです。適用度を0から1の範囲で指定します。
Falloff Radius SoftModのFalloffの大きさです。値を小さくすると範囲が狭くなります。
Interpolation 外周に向けての補完方法です。